ニコチンパウチ

今、ニコチンパウチが大人気ですが、健康に良いのでしょうか?下にスクロールして、ニコチンパウチの安全性と潜在的な副作用について詳しく読んでください。

によって書かれたJenna Roberts

発行済み2024-02-08

更新しました2024-06-01

ニコチンパウチ
ニコチンパウチ

ニコチンはタバコやニコチン入りパウチなどに含まれる化学物質だ。これが喫煙を中毒性のあるものにしている。ニコチンを使用すると、ニコチンが脳に行き、気分が良くなる化学物質を放出するように指示する。だから人々はニコチンを好んで使うのだ。

喫煙(および電子タバコのVAPE)の害が認識されるにつれ、多くの人々がニコチンの代替デリバリー方法に移行している。現在、最も人気のあるニコチン供給方法のひとつがニコチンパウチである。ニコチン・パウチとは、タバコを入れない小さな袋のことで、上唇の下に装着する。スウェーデンの製品に似ているが、タバコ入りの「スヌース」と呼ばれることもある。

ニコチンパウチの安全性

ニコチンパウチにはタバコやタールが含まれていないため、タバコを吸ったり従来のスヌースを使用したりするよりもはるかに安全な代替品です。また、喫煙や電子タバコの吸引とは異なり、肺を傷つけることもありません。

一般的に、低用量のニコチンを含むニコチンパウチの使用は比較的安全である。副作用がある場合もあるが、タバコを吸うほどの害はない。

高用量のニコチン入りパウチを使う場合は注意が必要です。これらの高ニコチン製品は、血中ニコチン濃度をタバコを吸うよりもさらに上昇させ、副作用の可能性を高める可能性がある。

また、未成年者は脳が発達途中であるため、ニコチンパウチを使用すべきではない。脳の可塑性が非常に高い時期に依存性物質を使用すると、依存症やドーパミンの調節に生涯にわたって問題が生じる可能性がある。

ニコチンパウチの副作用

ニコチン入りのパウチを使うと、副作用が出ることがあります。ニコチンは心臓の鼓動を速くし、血圧を上げる可能性があります。ニコチンパウチを使用すると、めまいを感じたり、頭痛がする人もいます。また、口の中が乾くこともあります。

ニコチン入りパウチを使用する場合は、血圧のモニタリングが重要です。血圧の上昇は、心臓血管の健康を損なう危険性があります。

ニコチンはまた、脳の報酬系を活性化し、ドーパミンを放出する。ニコチンは時間とともに脳の働きを変化させる。つまり、ニコチンの使用をやめると禁断症状が出るのです。すでにご存知かもしれませんが、ニコチンは非常に中毒性の高い物質です。注意深く、強すぎるニコチンパウチを使ったり、使いすぎたりしないことが大切です。

ニコチン・パウチとガン

ニコチン自体には発ガン性はなく、ガンの原因にはならないことが研究で明らかになっている。タバコに含まれる他の物質が、喫煙に関連したガンを引き起こすのだ。したがって、ニコチン入りパウチを使っても、喫煙のようにガンになるとは限らない。しかし、ニコチン入りパウチがガンの原因にならないとは言い切れない。

2022年、研究者たちは44種類のニコチン入りパウチ製品を調査した。その結果、26種類のサンプルからタバコ特異的ニトロソアミン(TSNAs)と呼ばれる発ガン性化学物質が検出された。すべてのニコチン入りパウチ製品にTSNAsが含まれているわけではないが、がんを引き起こす製品が市場に出回っている可能性はある。今回の調査で不明だったのは、これらの化学物質がどの程度パウチに含まれていたかということである。その量が非常に少なかったため、発がんリスクを大幅に増加させることはなかった可能性がある。

2023年に実施されたある研究では、ニコレットやニコチネルのようなニコチン置換療法製品には、低レベルのアセトアルデヒド、アンモニア、カドミウム、クロム、鉛、ニッケル、ウラン235、ウラン238が含まれていることが判明した。これらのレベルをZYNニコチンパウチと比較したところ、これらの有害な化学物質は同レベルであることが判明した。しかしその一方で、ZYNのパウチには癌の原因となるニトロソアミンは含まれていなかった。

ニコチンパウチに有害な化学物質が含まれていないか検査するNicoLeaksのようなウェブサイトがある。ニコリークスのウェブサイトでは、すべてのレポートを公開しているので、あなたが使っている製品の安全性を簡単に評価することができる。あなたが使っているニコチン入りパウチの潜在的な発がんリスクを評価する際に、彼らのデータを参考にすることができる。

ニコリークスは、調査した各ニコチンパウチのpH値も掲載している。ニコチンパウチのpH値が高いほど、血中ニコチン濃度を上昇させる。つまり、安全側に立ちたいなら、pH値の低いニコチン入りパウチを選ぶべきだということだ。

向精神薬としてのニコチンパウチ

ニコチンは頭の回転を良くし、集中力を高めると考える人もいる。彼らはニコチン入りのパウチをブレイン・ブースターのように使っている。ニコチンを使って精神的パフォーマンスや集中力を向上させるという逸話はネット上にたくさんある。例えば、ヒューバーマン博士はニコチンが優れた向精神薬であると述べている。